新・ジュニアクラスは遅めの時間です

新しいクラスのお知らせです。

open!

金曜日の17:30~18:20に
年長さんから小1のお子さま対象のジュニアクラスができます。

お仕事をされている保護者の方にも送迎がしやすい
遅めの時間になっています。

英語を話すことが好きなお子さま、
もっと英語を話せるようになりたいお子さま、
私たちと一緒にレッスンしませんか。

ご希望の方は体験レッスンができます。
こちらのフォームから、お問合せ・お申込みください。

 


にほんブログ村




英語の、古い歌には気をつけて

音楽

子どもの英語教材などとして
英語の歌のCDがたくさん出回っていますが
古いものには気をつけなければならないことがあります。

たとえば、とっても有名なものでは
‘Ten little Indian’
という歌がありました。

この歌は、最近聞かなくなりました。
同じメロディで、ほかのものを数える
替え歌風なものはありますが。

この’Indian’は、「インド人」ではなく
ネイティブアメリカンを指す差別用語と考えられています。
そしてこの歌の意味も、悲しい過去を思い出させるものとして
歌われなくなっているのです。

こういった、差別的や、よくないことを思い出させる歌は
歌われなくなっています。
知らずに歌うと、いやな思いをする人もいるかもしれません。

そのような差別用語とみなされる言葉もどんどん増えています。
それについては、また書きたいと思います。
そういう言葉は、公には書けないんですけどね。


にほんブログ村

体が資本なのでメンテナンス

ここしばらく、ストレッチをしています。

ストレッチ!

体が硬くなってしまって、動く範囲が小さくなると
いろいろ不便なことが起きてきます。

始めて1か月ほどたちますが、少しはましになってきた気がします。
腰が弱いので、様子をみながら。

今月は少し筋力も付けたいと思って
動画を見ながら体を動かすことにしました。
(歌を歌うのにも筋力が大事!!!)

筋トレするのって、つまらなくて続きませんが
音楽にのせて動くのは、楽しくて続きそうです。
(ただし、やりすぎないように!)

今日、30分ほどやってみました。
すっかり汗だく。
いい運動になりました。

明日、筋肉痛(腰痛?)にならないといいなー。


にほんブログ村

 

 

 

そういえば、これ・・・持ってました。(;´・ω・) なつかしぃ・・・

♪Rain, rain, go away!

雨の日

これは毎年、梅雨に入ると歌う歌です。

あめ、あめ、あっちいけー!

と、踊りながら歌うのが、子どもたちは大好きです。

歌の中の名前を生徒の名前にかえて
全員の名前が終わるまで、飽きずに歌います。

Go away!
は、強い表現ですが、子どもたちは
嫌いなものがある時やご機嫌が悪い時に
つい言ってしまうそうです。

ピーマンやニンジンに言っている姿を想像すると
かわいすぎてにやけてしまいます。

雨降りが楽しみになってしまう、この歌は
こちらのCDに入っています。
Wee Sing – Children’s Songs and Fingerplays
このCDには70曲以上の歌が入っていて、とってもお得です。


にほんブログ村

静岡市の花、タチアオイが咲き始めました

去年に続いて、今年もタチアオイが咲き始めました。

今年もタチアオイが咲き始めました

これは静岡市の花とされていて、あちこちでよく見かけます。
背丈が高く、大きな花がたくさん咲くので、とても目立ちます。

これはうちで3年前にタネを植えた中で、たったひとつだけ
無事に大きくなったものです。

植えた年には花は咲かず、まるで雑草のようだったので
ご近所さんが雑草払いを頼んだ業者さんが抜いてしまったり
虫に食べられたりして、結局一本だけが残りました。

植えた時には知らなかったのですが、種から生えたものは
2年目から咲くそうです。

今年は、なんと4本もの茎が力強く伸びていて
みんなもう160cmくらいあります。
そして、待ちに待った最初の花が、今日咲きました。

去年は表の道からも花が見えたので、花が咲いている間は
教室の場所を聞かれたら
「タチアオイが奥に咲いている家です。」
と言っていました。
説明だけでは分かりにくいので、ランドマークにちょうどいいです。

今はまだ、咲いている場所が低いので、表の道からは見えません。
今年もそう言えるといいな~。

去年はとてもたくさん咲いて、種を少しとってあります。
ちゃんと出るかわかりませんが、もし欲しい方がいたら、
お譲りします。
写真のように、薄いピンク色の花です。

 


にほんブログ村

アルファベットも楽しく【ジュニアクラス】  

今月から始まったジュニアクラスでは
少しずつアルファベットを覚えています。

アルファベットカード

まだ書く練習は全部やり終えてはいませんが
文字の形を覚えるため、カードを使ってゲームをしました。

大文字と小文字のペアを探す、だけの
シンプルなゲームですが、初めてだったので
なかなか見つからなくて苦戦していました。

コツは、形が似たものを先にとってしまうことですね。
早く、制限時間内に全部取れるようになるといいな。


すっかり上手に言えるようになった
‘Hello Chant’
しばらくはレッスンの度に楽しく歌います。

 


にほんブログ村

今回書いたゲームは、このカードでも遊べます。
Trend Enterprises トレンド Skill Drill Flash Cards Alphabet (子供向け英単語 学習カード) アルファベット

 

英語の文章を正しく書く

今日は、英語の文章の書き方(ルール)です。

中学1年の教科書にも書いてあることですが
あまり学校では時間をかけられないみたいですね。

気をつけるのは、次のようなことです。

1. 文章の最初は大文字で書きます。
2. 単語の文字は、間をあけすぎたりくっつけないように書きます。
3. 単語と単語の間は、1~2文字分くらいあけます。
4. 文章の最後は ピリオドやクエスチョンマークなどで終わります。
5. 単語の途中で行をかえないこと。入りきれないときは、次の行へ。
6. 人や場所の名前(固有名詞)は、初めの文字を大文字にする。

教科書などの文をノートに写したのをチェックすると、
大文字小文字を間違えたり、カンマやピリオドがなくなっていたりします。

しっかり書く練習をしておかないと、テストでついピリオドを忘れて
減点されることもあるかもしれません。

答えが正解でも、ちょっとしたことで減点されてしまったら
もったいないですよね。

oops!

気をつけましょう~。


にほんブログ村

気持ちを伝えることは大事

日本語と英語では、大きな違いがあります。
言葉の違いというよりは、文化の違いなのですが。

「言わなくてもわかるはず」というのが日本語で
「口に出して言わなければわからない」というのが英語です。

英語で子育てするとき、子どもにも
泣いていたら、泣いている理由を聞きます。
怒っていたら、怒っている理由を聞きます。

crying child

赤ちゃんが眠くてぐずる、なんていうのは
理由があってないようなものだし
そういう時期ではまだしゃべれないのでいいとして。

もうお話ができる年になったら、
自分で言えるようにしたいものです。
大人が先回りして、「こうでしょ?」「~なのね。」
と決めてしまわないで、発言権を与えてあげてください。

泣きすぎて話せないようだったら、
泣くことは解決にならないと教えてあげてください。

言いたいことがあったら、泣くよりも言葉にして相手に伝える。
そうすれば、解決法を教えてもらえるかもしれないし
一緒に考えてくれるかもしれないし
ハグして励ましてくれるかもしれません。

自分で言いたいことが表現できるよう
大人は 待ってあげてください。

まだ小さいから無理!
と思っている方も多いかと思いますが
2才でも気持ちや考えを伝えることはできるんですよ。

もし、英語で答えるのが難しいようなら
一旦英語はおいといて、言える言葉でいいです。
それが伝わったら、きっと気持ちも落ち着いてくるでしょう。

気持ちが伝われば楽になります。

英語での子育てに限らず、
言うべき時には言う、という姿勢をぜひ育ててあげてください。

 

 
にほんブログ村

アルファベットを正しく書く

中学で初めて英語を習う生徒さんがよく間違えることが
いくつかあります。
そのひとつ目は、アルファベットです。

大文字と形の違う、eやr。
これは覚えるしかないですね。

bとdも、とっても間違いやすいです。
覚え方がいくつかあるので、試してみてください。

1.体の前で両手をそれぞれグーにして親指を立てると
左手がb、右手がdの向きになる。

2.両方を向き合わせて書くと、左がビーで右がディー。
(アルファベット順)

3.大文字のBの上半分の半円がなくなったのが小文字のb。

これに比べて、pとqは間違えにくいようです。
pは大文字と同じ形だから、またqは数字の9に似ているからでしょうか。

それから、意外に多いのが
大文字をそのまま小さくして小文字にしたり
小文字を大きくして大文字にしてしまうこと。
Nを小さく書いたり、uを大きくしてしまうことがあります。

次に書き方ですが
最近気になっているのが、oを下から書くこと。
数字の0も下から書く子がいますね。
それも、反時計回りに。

よく書けるなぁと思って見ていますが
アルファベットのoは、上から時計回りに書くように
指導しています。

なぜ?と聞かれると
「筆記体で書くときに、上からでないと続けて書けないよ」
と言うと、みんな納得してくれます。笑

fも、下から生えてくるような書き方は直します。
これは、見ていて気持ち悪いです。
基本的に、左から右、上から下、ですよね。

他に、印刷のフォントがブロック体と違うものがあり
教科書をそのまま写すと間違いになってしまいます。
例えば、aやgです。
これは気をつけてほしいです。

(PCで書く場合は、Comic Sans MS というフォントが
ブロック体に近い形になっています。)

小学校の国語でローマ字をやってるはずなんですが
なかなかそれだけでは書けるようにはなっていません。

今までは、小学校の英語の時間には
文字を書くことは禁止されていました。
それが、できるようになったとのことなので
どんどん書いて、アルファベットに慣れてほしいと思います。

最後に、私が好きなワークシートを紹介しておきますね。(小学生向き)
キッズ@niftyー英語

 


にほんブログ村

Hello, Red Fox (エリック・カール)

今日は、ちょっと変わった絵本を紹介します。

タイトルは “Hello, Red Fox”

まず手に取って、表紙のキツネがタイトルの色ではないので
不思議に思いました。

このお話の主人公は、カエルくんです。
お誕生日パーティに招待したお友だちが
次から次へとやってきますが
みんな色が違っているようです。

ママが不思議がると、カエルくんは
よーく見てないからだよ。
と答えます。

色の違うお友だちがやってくるたびに、
ん?
なぜ?
と、私も首をかしげていましたが
お話が終わる頃、やっとわかりました。

カエルくんは正しかったのです。

この本、ぜひお子さんと一緒に読んで見てください。
不思議な体験ができます。

(あまり小さいお子さんだと、
じっと見るのが難しいかもしれません。)

 


にほんブログ村