これはもう、訛りじゃない!?


先日、知り合いの外国人が

日本人の英語のカタカナ発音は訛りじゃなく、
違う言葉だ!

と言っていました。

いくら聞いても、わからないそうです。

母音だらけ!
口が忙しい!!
何がなんだか分からない!!!

そりゃ、英語と違って日本語では
ほとんどの子音に母音がくっついている上に
日本人にとって、子音と母音を分解するなんて
普通はしないから、難しいんですよ。

(だから、小学生までのレッスンでは
フォニックスを叩きこむんです。)

英語の発音は、ネイティブ並みでなくてもいいんです。
でも、分かってもらえる範囲でないと
コミュニケーションのツールとしては使えません。

そんな、ジャパングリッシュ(カタカナ英語)を
歌にしたのが、こちらの動画。
外国人目線で作られてます。
すごくおもしろいです。笑

「東京盆踊り2020」

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

英語と数学の関係は

英語と数学。

文系科目と理系科目ですが
この二つは、関連があるのではないかと
言われることがあります。

英語ができる子は、数学も得意。
数学ができる子は、英語も得意。

私も、そんなこともあると常々思ってはいました。

先日、英語が得意な中学生が先生に
英語ができるなら、数学もできるはずなのに、と言われたそうです。
数学ができないわけではないのですが、
英語ほどは得意ではないそうです。

その子と話してみると、先生がおっしゃったことが
その通りとも、そうでないとも言えると思いました。

中学から勉強を始めると、まず文法から覚えます。
文法の力を借りて、英文を作ります。
その作業は、数学に通じるところがあります。
頭の中でロジックを操るのです。

一方、小さいころから英語に触れ続けている子は
感覚で英語をアウトプットします。
ロジックはいりません。
数学に通じるものはあまりないかもしれません。

この生徒さんは、後者の方でした。
小さい頃から英語に親しんできたそうです。
英作文などでも、これがしっくりくる、とか、
何か変な感じがする、とか言いながら、
正しい英文をつくっていました。

幼児期から英語を習う子が珍しくない時代です。
これから、こういう子がもっと増えて
英語と数学の関連性が、なくなってくるかもしれませんね。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村