ほめてあげて、と言われました

Hello

外出から帰って家に入ろうとしたとき
ご近所のおばあさんに呼び止められました。

うちに通ってきている生徒さんが
気持ちのいいあいさつをしてくれて
とてもうれしかったので
あなたからもほめてあげて、と
言われました。

更に話していると、
最近では、お年寄りに親切にできない大人もいて
そういう大人の中にいる子どもたちも、冷たくなっていると
感じているそうです。

でもその子は、ニコニコしてはっきりと大きな声で
「こんにちは!」とあいさつしたそうです。
その場で本人にも
しっかりあいさつができてえらいねと言ってくださったそうですが
私からも、ほめてあげてほしいとお願いされました。

あいさつは、本当に大事です。
普段からしていないと、なかなかできないことですよね。

また、きっとご家庭もしつけをしっかり教えていらっしゃるのでしょうと
感心されていました。
それは、レッスンで私もよく感じています。

英語を教えていて、よく考えることがあります。
いくら言葉をたくさん知っていても、他の人を思いやる心がないと
意味がありません。
言葉は心をあらわすものです。
話す言葉が日本語でも英語でも、大事なのは心ですね。

今回のことは、私もとてもうれしく思います。
この生徒さんのような心を持った日本人が増えて
世界中の人たちと協力して世の中をよくしていけたら
すばらしいですよね。

次回レッスンで、ちゃんと本人に伝えます。
伝えたら、なんて言うかな?

 


にほんブログ村



気持ちを切り替える

珍しく、教室に泣きながらやってきた小学生。
どうしたのか、聞いても答えません。

部屋に入って、少し乱暴に上着を脱いで
30秒ほどバッグにあたっていました。

とにかく、Have a seat, please.

ひとこと、ふたこと、声をかけると
返事はしないものの、だいぶ落ち着いたので
レッスンを始めました。

その後はいつも通り、チャンツやアクティビティを
ニコニコとやっていました。

レッスンが終わると、お母さんが元気なさそうに
「今日はすみません。」とお迎えにきました。

どうやら、学校の宿題を一緒にやっていて
お母さんが「ちょっと、口を出しすぎました・・・」
だそうです。

教室では3分も泣かずに、すぐに気持ちを切り替えて
しっかりレッスンが受けられました。
そう伝えると、ほっとした様子でお母さんも笑顔になりました。

気持ちを切り替えることをおぼえるのも、子どもにとって
大きな成長ですね。

そしてここでのレッスンが、英語だけでなく、
違う面でも少しサポートできたかもしれないと思いました。

子どもと一緒に、大人たちもいろんな学習をしていきますね。


にほんブログ村