覚えるまで練習する理由

みなさん知っているように、英語と日本語は、語順が違います。

日本人が英語で話すとき、頭の中で日本語を英語に変換するには
ことばの順番をひっくり返すことが多いです。
書く場合はまだいいのですが、話すスピードには追い付きません。

人はみんな、母語を使って考えています。
日本人なら、たぶん日本語です。
なので、日本語の順番で、イメージするものを言葉にかえていきます。
つまり考え方が、日本語式になっています。

そして、英語圏の人ならたぶん英語で考えます。
英語の語順でイメージをしています。
そして考え方も、英語式になります。

この違いは、思考の違いとも言えます。

日本人でも、英語を話すときには英語の語順でイメージすると
変換に時間がかかったり、変換しきれなくなることが少なくなります。

でも、イメージの方式を変えることは、すぐ簡単にできることではありません。
何度も繰り返し練習して、だんだんできるようになるものです。

英語が使えるようになるには、この練習だけでなく
文法や単語なども覚えていかなければなりません。
しかし、思考回路を変えることは、理解したり暗記するものとは
別ものと考えた方がいいと思います。

教室で使っているチャンツや歌は、その練習にとても合っています。
楽しみながら何度も何度も繰り返すことができるからです。
中学生のレッスンでは、歌の代わりに教科書の本文を繰り返し音読・暗唱します。
これは学校の授業のためだけでなく、実際に英語を使う頭を作るために
とても必要なことなのです。


にほんブログ村

“覚えるまで練習する理由” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です