気持ちを切り替える

珍しく、教室に泣きながらやってきた小学生。
どうしたのか、聞いても答えません。

部屋に入って、少し乱暴に上着を脱いで
30秒ほどバッグにあたっていました。

とにかく、Have a seat, please.

ひとこと、ふたこと、声をかけると
返事はしないものの、だいぶ落ち着いたので
レッスンを始めました。

その後はいつも通り、チャンツやアクティビティを
ニコニコとやっていました。

レッスンが終わると、お母さんが元気なさそうに
「今日はすみません。」とお迎えにきました。

どうやら、学校の宿題を一緒にやっていて
お母さんが「ちょっと、口を出しすぎました・・・」
だそうです。

教室では3分も泣かずに、すぐに気持ちを切り替えて
しっかりレッスンが受けられました。
そう伝えると、ほっとした様子でお母さんも笑顔になりました。

気持ちを切り替えることをおぼえるのも、子どもにとって
大きな成長ですね。

そしてここでのレッスンが、英語だけでなく、
違う面でも少しサポートできたかもしれないと思いました。

子どもと一緒に、大人たちもいろんな学習をしていきますね。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です